七福ブログ    

giwonhigashi.com                       

ある老夫婦の5年前の胸のもやもやを解消した事。

 

昔々(だいたい5年前)あるところに、祇園東の芸舞妓さん達の大ファンの、お爺さんとお婆さんが住んでいました。

ある日、お爺さんは会社へ芝刈りに、お婆さんは子供と京都の観亀神社へ、舞妓さんのお茶席の会に行きました。

そこでは沢山の祇園東の舞妓さんがご奉仕してました。

ある舞妓さんはお茶を点て、またある舞妓さんはお客さんにお茶を運んでいました。

お婆さんと子供が待っていると、ある一人の舞妓さんが、うちの子にお茶を運んできました。そして

 

 

その舞妓さんはうちの子に「いつか、お父さんお母さんに、お茶屋に連れてきてもらいなね!」と言いました。

しかしお爺さんとお婆さんは、この舞妓さんを呼ばずに他の芸舞妓さんと遊んでばかり。

いつしか、その舞妓さんは

 

 

 

 

立派な芸妓さんに襟替えしてましたとさ。

 

 

 

 

この昔話のポイントは、お爺さんが仕事に行ってるのに、お婆さんは舞妓さんのお茶席に行くというあたり。

 

 

 

 

 

 

それにしても涼香ちゃん美人さんよね。

うち夫婦が祇園東のファンになった時に一番大きな舞妓さん。いわゆる第一世代。

だからか、涼香ちゃんは「お姉さん」というイメージがあるなぁ。

 

 

 

 

 

この後、涼香ちゃんと観亀神社までお散歩しましたが、それは次回。

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 七福ブログ    

テーマの著者 Anders Norén