七福ブログ    

giwonhigashi.com                       

観亀神社 宵宮祭2018 ~第六巻 完結~

 

~写真で解説! 観亀神社 第六章~

著 七福

 

うちの妻が一推しの富多愛さんがいたので、少しお話していた。

 

 

(↓ 舞妓時代から仲良くしていただいている富多愛さん)

 

提灯行列でも少し触れた、妻のスマホケースの話をしていた。

そのスマホケースにはネコの肉球のイラストがあるのだが、富多愛さんはイヌ派だそうだ。

しかしネコとイヌの肉球、どう違うのか分からず後日調べてみたら、外見はほぼ同じで役割が違うそうだ。

(業務連絡:だから同じに見えてるけど、妻のはネコの肉球、そっちのは犬の肉球です)

 

 

 

満彩希さんにもお会いしたのだが、

 

 

この日は寒かったから(あの満彩希さんが!?)ビールはいらないという。

また、そろそろ観光客も減ってくる遅い時間だった為、ヒマやし遊んどくれやすとの事。

妻と三人で根付販売のコーナーをのぞいてみたら、おみくじ付きミニ福袋が売られており、妻と満彩希さんが購入。さっそく開いてみた。

 

 

(↓ ミニ福袋を開く妻と満彩希さん。中から出てきた物は…)

 

二人の福袋からは同じ天然石のストラップが出てきて、お揃いだと喜んでいた。

おみくじの結果だが、実は妻はこの日の昼間、平安神宮でおみくじを引き、凶を出していた。

しかしこの時は大吉を出していた。理由に心当たりは一切無いが、運気が急上昇したのは良い事だ。

そして満彩希さんの結果は吉。

 

 

(↓ 満彩希さんのおみくじの結果。なんとも話題性の無い「吉」だった)

 

吉。

吉か。うん。

なんともコメントしづらい結果である。

この後、満彩希さんと一緒にゲームコーナーの前を通りかかったら、満彩希さんと仲の良い富多愛さんがゲームコーナーの当番に付いていた。

そこで富多愛さんを冷やかしに行ったら、富多愛さん急用で少し離れたい、満彩希さんに少しの間、当番を代わってほしいと要請しておられた。

満彩希さん、先程まで「ヒマどすねん」と用事も特に無いはずだが「えー、イヤどすー」とイジワルな反応。

 

 

(↓ にこにこ顔の富多愛さんとイヤどす顔の満彩希さん)

 

 

ここで話が前後するが、先に紹介した満彩希さんのおみくじの結果を詳しく見てみよう。

 

 

読者の皆様には見えにくくて恐縮だが「人と人と互(たがい)に力あわせてすれば よきみちあり」とある。

おお神様。

貴方は後々に満彩希さんが力あわせるのイヤどすーと言い出す事を、先にお気づきになり、諭されておられたのですね。

しかし神様。

イヤがる満彩希さんに天罰をお与えにならないでください。満彩希さんはイヤがりながらも早々にマイクを受け取り、交代する気まんまんなのです。

 

 

(↓ なんだかんだでマイクを受け取ってる満彩希さん。本当に仲が良い)

 

 

(↓ 交代し当番の仕事をこなす満彩希さん)

 

ですから神様。

最初あまりノリ気じゃなくて超ちいさい声で

「ゲームどうどすかぁ~…」

と消え入りそうな声で呼び込んでおり、それを見つけた筆者から「声張れや!!」とツッコまれていた満彩希さんに天罰をお与えにならないでください。

そして神様。

今年も無事に観亀神社の宵宮祭を無事に見届ける事ができて感謝しております。

来年また盛大なお祭りを私達花街ファンが見せてもらえるよう、祇園東という花街と、それに関わる人々、そして何より祇園東の芸舞妓さん方をお守りください。

~完~

 

あぁー引用疲れたわー。

コピるだけでも体力使うよねー。

あ、そうそう。

今回の宵宮祭が、七福ブログ完全復活のネタ一発目でしたの。

でね、妻を連れて歩いてたら、よく話をさせていただくお茶屋のお母さんや相当数の芸舞妓さん達が妻の体調を気にして下さったり、全然話した事の無いお茶屋のお母さんにまで知られてたり、花街ファンの大先輩に「奥さん大切にしないとダメよ!」とご忠告いただいたり(既に大切にしてますよ世界一愛する妻ですもの)、複数の知らない人から応援と励ましの声を頂いたり(なんで俺が七福って知られてんの!?)と、旧ブログを見てくださってた方とか話題にしてくださってた方が多くいたんだなぁと、妻と一緒に感激しております。

 

まったくさぁ、芸舞妓さん達が良い妓いっぱいなのは知ってたけどさぁ、芸舞妓さんだけじゃなく、祇園東を取り巻く人もいい人ばっかりだわぁ祇園東。

あ、違った。

 

 

 

七福家は祇園東を応援してます。

 

以上、2018年の観亀神社、宵宮祭の報告、終了。

スポンサーリンク

祇園東がチョーいい花街なんは分かったから、どうすれば祇園東で遊べんのよ!って方。

Alan1.netって所がさ、数人で利用したら一人あたり数千円、本物のお茶屋さんで芸舞妓さんとおしゃべりできて踊りも観る事ができる、記念写真も撮りまくりの一見さん大歓迎プランがあるんですってば。

下のバナーから「富菊」で検索!



 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

次へ 投稿

前へ 投稿

2 コメント

  1. 2018年5月16日

    七福さんとは存じませんでしたが、芸舞妓さんらと顔なじみの様子だったり、奥様と思わしき女性を連れてらしたので、もしや…と思いお声がけさせてもらいました。
    祇園東にハマって以来、こちらのブログでいろいろ勉強(主に芸舞妓の名前と顔)させてもらっています。
    インスタの方ではワタクシ見切れて写り込んでしまっていて何だか申し訳ないです(^_^;)

    • 7huku3 2018年5月18日 — 投稿者

      いつもご訪問ありがとうございます!
      鴉様も祇園東に!?という事は、もはや同志!!戦友!!
      また見かけたら、いつでもお声かけくださいませ(笑)。
      今はまだまだ勉強できるほど内容が充実してるとも思えませんが、また記事を増やして旧ブログより充実させたいと思っておりますので、またヒマな時にでも覗きにきてやってくださいねー。

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 七福ブログ    

テーマの著者 Anders Norén