七福ブログ    

giwonhigashi.com                       

富津愈さん襟替え 1 ~富菊前で撮影会みたいになった編~

2018年5月28日、富津愈さんが芸妓さんに襟替えされましたのでご報告。

もうさー、襟替えがあったら毎回書いてるけどさー、寂しいのよー。以前から応援してる舞妓さんが芸妓さんになるってぇのがさー。

しかも富津愈ちゃんって、うちら夫婦が祇園東にドはまりした時にいた、一番ちっちゃな舞妓さん。

当時は涼香ちゃんが一番先輩舞妓だったので、七福さんにとっては、いうなれば涼香ちゃんから富津愈ちゃんまでが祇園東の舞妓さん第一世代。

その第一世代の最後の舞妓さんが、ついに芸妓さんに襟替えですよ。

で、今日。5月28日15時過ぎ。富菊前でプチハプニング。

 

 

 

のれんが落ちるっていうね。

本当なら縁起が悪いのですが、富津愈ちゃんは自分らしいって笑ってたあたりが、この妓らしいよね。

で、仕切り直し。

 

 

 

 

別に皆で打ち合わせとかもしてないのに、富津愈ちゃんが出てきたら自然と拍手が沸き上がって、そこここから「おめでとー」って声がかかってて、やっぱり富津愈ちゃんは人気者なんだなぁとしみじみ。

 

 

 

 

周りに挨拶する富津愈ちゃん。

ほら、ニュージーランドに留学していた経験もあるバイリンガル舞妓として有名だったので、外国のファンも多いっぽい。海外の記者も取材に来てたし。2社。

しかもこの前に祇園で舞妓の店出しがあったんですが(記事は後日。たぶん。)、その時より欧米系の外国人めっちゃ多かったな。

それに加えて、祇園東の公式インスタで「28日に富津愈さん襟替えどすよー」って告知したのもあり、すげぇ大人数。

たまたま通りかかった観光客も含めて、多分100人以上いてた。知る限り最多。

まぁバイリンガル舞妓とか事前告知してたっていう事だけでは無くて、富津愈ちゃんの人柄とかもあるんだろうなぁと、この妓の笑顔を見てたら思うけどねぇ。

 

 

あ!そんでね。

この日、花街文化を中心に撮影されてる写真家の溝縁ひろし先生が来られてて、富菊の中の撮影をしてらっしゃいました。

で、先生の撮影の為に、富菊の前で富津愈ちゃんがしばらく立ってらしたので便乗。

 

 

富津愈ちゃん、顔つきが可愛らしい妓だからさ、舞妓さんの姿がよく似合ってたの。

だから「もしかして芸妓さん姿が似合わないんじゃ…」とか少し思ってたけどね。

杞憂。可愛らしさがほど良く抜けて、美人芸妓の誕生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
You ordinally need an introduction to take part in this tour.

But in case you reserve through this website, you don’t need it.

Actually there are some other similar tours like ours, but ours is specially reasonable price unlike others.

In addition, our service is especially unique because we have some geisha and maiko, who also speak English.

Search for “富菊”



 

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 七福ブログ    

テーマの著者 Anders Norén